Skip to main content

R-Car M1A/S

Share:

概要

「R-Car M1A」と「R-Car M1S」は、「R-Carシリーズ」のミッドレンジ向け製品です。次世代ミッドレンジ車載端末向けに、フルHD動画や、高度なグラフィックス表示などを低消費電力で実現しました。

特長

  • フルHD動画などの高性能マルチメディア処理を専用回路搭載により低消費電力で実現
  • 専用電源ICとのキットソリューションによるシステムの低消費電力化、開発期間短縮を実現
  • 多彩で、よりリアルな3D画像を実現する最新型3Dグラフィックスエンジンを搭載
  • メインCPUとしてARMコアを、リアルタイム処理ドメインにSH-4Aコアを搭載

システムブロック図

R-Car M1A

R-Car M1A2システムブロック図

クリックすると拡大します

R-Car M1S

R-Car M1Sシステムブロック図

クリックすると拡大します

ページトップに戻る

製品仕様

項 目 R-Car M1A、M1S仕様
製品名(品名) M1A(R8A77781DA01BG)、M1S(R8A77780DA01BG)
電源電圧 3.3V(IO)、1.8(DDR2)、1.5(DDR3)、1.2V(core)
CPUコア ARM®Cortex™-A9 SH-4A コア
最大動作
周波数
800MHz 800MHz
処理性能 NEON™ メディア・プロセシング・エンジン 1760 DMIPS(Effective)、
5600 MFLOPS
内蔵RAM - ILRAM:16K バイト
OLRAM:16K バイト
キャッシュ
メモリ
命令キャッシュ:32K バイト
オペランドキャッシュ:32K バイト
命令キャッシュ:32K バイト
オペランドキャッシュ:32K バイト
外部メモリ
  • DDR専用バスにDDR3-SDRAM(DDR1066) またはDDR2-SDRAM(DDR800)を接続可能(最大容量1Gバイト)
  • 最大動作周波数:533 MHz
  • データバス幅:32 bit
拡張バス
  • FLASH ROMやSRAMを直結可能
  • アドレス空間:64M バイト×6
  • データバス幅:8/16 bit
主な内蔵
周辺機能
  • POWERVR SGX540(2D/3D)
  • ルネサスグラフィックスプロセッサ(2D/3D)
  • 表示制御 2画面出力 (デジタルRGB×2チャネル)
  • ビデオ入力インタフェース×2チャネル
  • VPU5HD2 (H.264/AVC、MPEG-4、MPEG-2、VC-1)
  • ビデオ画像処理機能 (色変換、画像拡大・縮小、フィルタ処理、拡大エッジ強調機能、ガンマ補正機能)
  • 静止画像処理機能
  • コントラスト補正機能、色変換機能
  • 歪み補正モジュール
  • SDホストインタフェース ×3チャネル
  • マルチメディアカードインタフェース
  • サウンドプロセッシングユニット(SPU2F) ×2チャネル
  • 各種サウンドインタフェースI/O×9チャネル
  • USB 2.0 ホスト、ファンクションインタフェース
  • GPS ベースバンド処理モジュール
  • FM 多重デコーダ
  • TS インタフェース
  • IEBusバスインタフェース
  • Ethernetコントローラ (IEEE802.3u準拠のRMII インタフェース(PHYなし))
  • コントローラエリアネットワーク(CAN)インタフェース×2チャネル
  • メディアローカルバス(MLB)インタフェース×1チャネル(MediaLB Ver2.0に準拠、50Mbps(max)のデータ転送が可能)
  • シリアルコミュニケーションインタフェース(SCIF)×6 チャネル
  • I2C バスインタフェース×4 チャネル
  • シリアルペリフェラルインタフェース(HSPI)×3 チャネル
  • リモコンインタフェース×1 チャネル
  • 専用DMAコントローラ×37 チャネル
  • タイマ×9 チャネル
  • A/D 変換器インタフェース(12 bit) ×1 チャネル
  • 割り込みコントローラ(INTC)
  • クロック発振器(CPG): PLL 内蔵
  • オンチップデバッグ機能
低消費電力
モード
  • スリープモード
  • クロック停止モード
  • DDR-SDRAM 電源バックアップモード
パッケージ 472 ピンBGA (21mm×21mm)
開発環境
  • SH-4Aコア向けには、オンチップデバッギングエミュレータの「E10A-USB」エミュレータを用意
  • ベンダ各社が提供しているARM対応ICEが使用可能
評価ボード 以下の特長をもつリファレンスプラットフォームを準備しています
(1) 車載情報機器向けの周辺回路を搭載し、ユーザシステムの実機検証環境を実現
(2) アプリケーションソフト等のソフトウェア開発ツールとして使用可能
(3) ユーザによるオリジナル機能の追加が可能
ミドルウェア H.264やMPEG-2、MPEG-4、WMV(Windows Media Video) などの動画用ミドルウェア、MP3やAAC、WMA (Windows Media Audio)、aacPlusなどのオーディオ用ミドルウェアなど、各種圧縮方式に対応した多彩なミドルウェアを豊富に用意しており、トータルシステムへのソフトウェアソリューションを提供します

※ARMはARM Limitedの登録商標です。またCortex、NeonはARM Limitedの商標です。
PowerVR、SGXはImagination Technologies Limitedの登録商標または商標です。
SuperH、IEBusはルネサス エレクトロニクス株式会社の日本、米国及びその他の国における登録商標または商標です。
WindowsおよびWindows Mediaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

R-Car Consortium
R-Carを核にパートナー様と連携を強化してCISソリューションの追求、創出をしています。

ルネサス自動車製品カタログ

ルネサス自動車ビデオクリップ


End of content

Back To Top