Skip to main content

R-Car H2

Share:

概要

大幅な性能向上を図った「第2世代R-Car」製品の第一弾「R-Car H2」

2015年以降のハイエンド車載情報端末には、高精細のディスプレイ対応、メータクラスタ、リアシートモニターへのマルチディスプレイ出力、車載に特化した操作性とレスポンスの向上、ビッグデータを活用したクラウドサービスが要求されます。また車載組込み機器としての高速起動性能、車内の高級感と調和する質感あるデザイン表示や、さらなる安全確立を目指し、後方のみならず車の周辺の状況を表示するトップビューなど、ドライバーの視界支援への対応が強く求められています。
ルネサスは、これらの要求に応えるために、従来のハイエンド車載情報端末向けSoC「R-Car H1」から、大幅な性能向上を図った「R-Car H2」を「第2世代R-Car」製品の第一弾製品としてリリースします。

特長

  • 車載情報端末向けSoCとして業界最高性能25000DMIPS(R-Car H1比の約2倍)以上を実現
  • 最新PowerVRアーキテクチャ高性能グラフィックスコアG6400を車載向けに初めて採用
  • R-Car H1」比、約4倍の処理性能を持つIMP-X4の搭載により、OpenCVに対応
  • 次世代車載向けに必要なインタフェースを強化
    (USB3.0、EthernetAVB、高精細デジタルカメラを4チャネル同時入力、3チャネルビデオ出力など)
  • パートナーソリューションを含むECOシステムの提供で試作品の早期開発と開発費の大幅縮小に貢献
    (QNX® Neutrino® RTOSやWindows® Embedded Automotive、LinuxなどのOS、ボードサポートパッケージ、ミドルウェア、開発環境をラインアップ)

システムブロック図

R-Car H2

R-Car H2システムブロック図

クリックすると拡大します

製品仕様

項 目 R-Car H2 仕様
型名 R-Car H2 (R8A7790)
電源電圧 3.3/1.8V(IO)、1.5/1.35V(DDR3)、1.0V(Core)
CPUコア ARM®CortexTM-A15
Quad
ARM®CortexTM-A7
Quad
SH-4A
キャッシュ
メモリ
L1命令キャッシュ: 32Kバイト
L1データキャッシュ: 32Kバイト
L2キャッシュ: 2Mバイト
L1命令キャッシュ: 32Kバイト
L1データキャッシュ: 32Kバイト
L2キャッシュ: 512Kバイト
L1命令キャッシュ: 32Kバイト
L1データキャッシュ: 32Kバイト
外部メモリ
  • DDR専用バスにDDR3-SDRAMを接続可能
  • 最大動作周波数: 800MHz
  • データバス幅: 32ビット × 2チャネル (6.4GB/s × 2チャネル)
外部拡張
  • FLASH ROMやSRAMを直結可能
  • データバス幅: 8/16ビット
  • PCIエクスプレス2.0 (1レーン)
グラフィクス
  • PowerVR Series 6 G6400(3D)
  • ルネサスグラフィックスプロセッサ(2D)
ビデオ機能
  • ビデオ表示インタフェース × 3チャネル(2チャネル: LVDS、1チャネル: RGB888)
  • ビデオ入力インタフェース × 4チャネル
  • ビデオcodecモジュール(H.264/AVC、MPEG-4、VC-1等)
  • IP変換モジュール
  • JPEGアクセラレータ
  • TS インタフェース × 2チャネル
  • ビデオ画像処理機能 (色変換、画像拡大・縮小、フィルタ処理)
  • 歪み補正モジュール × 4チャネル
  • 高性能リアルタイム画像認識エンジン(IMP-X4)
オーディオ
機能
  • オーディオDSP
  • サンプリングレート変換 × 10チャネル
  • サウンドシリアルインタフェース × 10チャネル
  • MOST DTCP暗号対応
ストレージ
インタフェース
  • USB 3.0 ホストインタフェース × 1ポート(wPHY)
  • USB 2.0 ホストインタフェース × 3ポート(wPHY)
  • SDホストインタフェース × 4チャネル(SDXC対応、UHS-I対応)
  • マルチメディアカードインタフェース × 2チャネル
  • Serial ATAインタフェース × 2チャネル
車載
インタフェース
  • メディアローカルバス(MLB)インタフェース × 1チャネル(3線/6線選択可能)
  • コントローラエリアネットワーク(CAN)インタフェース × 2チャネル
  • IEBusバスインタフェース
  • GPS ベースバンド処理モジュール(Galileo、GLONASS対応)
  • EthernetコントローラAVB対応(IEEE802.1BA、802.1AS、802.1QavおよびIEEE1722対応、GMII/MIIインタフェース)
暗号処理部
  • 暗号処理エンジン(AES、DES、ハッシュ関数、RSA)
  • SecureRAM
その他周辺機能
  • LBSC内蔵DMAC: 3チャネル/SYS-DMAC: 30チャネル/Realtime-DMAC: 3チャネル/Audio-DMAC: 26チャネル/Audio(周辺)-DMAC: 29チャネル
  • 32bitタイマ × 12チャネル
  • PWMタイマ × 7チャネル
  • I2C バスインタフェース × 8 チャネル
  • シリアルコミュニケーションインタフェース(SCIF) × 10チャネル
  • クワッド・シリアルペリフェラルインタフェース(QSPI) × 1チャネル(boot対応)
  • クロック同期シリアルインタフェース(MSIOF) × 4チャネル(SPI/IISサポート)
  • Ethernetコントローラ (IEEE802.3uに準拠したMAC内蔵、RMIIインタフェース、PHYデバイスと接続可能)
  • 割り込みコントローラ(INTC)
  • クロック発振器(CPG): PLL 内蔵
  • オンチップデバッグ機能
低消費電力
モード
各CPUコア、3D、画像認識ブロックの独立電源停止、 AVS(Adaptive Voltage Scaling)機能、DVFS(Dynamic Voltage and Frequency Scaling)機能 及びDDR-SDRAM 電源バックアップモードをサポート
パッケージ 831 ピンFCBGA (27mm × 27mm)
開発環境 ベンダ各社が提供しているARM対応ICEが使用可能
評価ボード 以下の特長をもつリファレンスプラットフォームを準備しています
(1) 車載情報機器向けの周辺回路を搭載し、ユーザシステムの実機検証環境を実現
(2) アプリケーションソフト等のソフトウェア開発ツールとして使用可能
(3) ユーザによるオリジナル機能の追加が可能
ソフトウェア
プラットフォーム
対応OS: QNX® Neutrino® RTOS、Windows® Embedded Automotive、Linux他
OpenMAX IL I/Fに対応したH.264、MPEG-4、VC-1ビデオコーデック、OS標準のAPIに対応したBSPを準備しており、トータルシステムへのソフトウェアソリューションを提供します

・DMIPS: Dhrystone Million Per Second
・Open CV: Open Source Computer Vision Library
・ARM、CortexはARM Limitedの登録商標または商標です。
・PowerVRはImagination Technologies Limitedの登録商標または商標です。
・CAN(Controller Area Network):独Robert Bosch GmbHが提唱している車載用のネットワーク仕様です。
・IEBusはルネサス エレクトロニクス株式会社の日本、米国及びその他の国における登録商標または商標です。
・QNX、Neutrinoは、QNX Software Systems GmbH & Co. KG の商標または特定地域では登録商標であり、 QNX Software Systems Co の許諾のもと使用されます。
・Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
その他本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

R-Car Consortium
R-Carを核にパートナー様と連携を強化してCISソリューションの追求、創出をしています。

ルネサス自動車製品カタログ

ルネサス自動車ビデオクリップ


End of content

Back To Top